The major scale uses the  W-W-H-W-W-W-H  note counting rule to identify the scale note positions. This is done because blues (and pentatonic scales) do not follow the 'usual' music theory rules that hold for diatonic scales, such as major and all minor varieties, which state that each note from A..G can only be used once in the scale. The audio files below play every note shown on the piano above, so middle C (marked with an orange line at the bottom) is the 2nd note heard. The 2nd and 6th notes of the major scale are not used. Concert G Blues 11. This step shows an octave of notes in the key of F, to identify the start and end notes of the scale. Blues Scales on Trumpet. To count up a Half-tone (semitone), count up from the last note up by one physical piano key, either white or black. So instead of playing the C major scale starting on C, play the same scale starting on E or G, etc… Go through all 12 keys in … The minor pentatonic scale is made from the 1st, 3rd, 4th, 5th and 7th notes from the natural minor scale above. The 7th note is the octave of the tonic note, where the pattern begins to repeat itself. F œ bœ œ œ œ nœ bœ bœ œ bœ ˙ & 9 # œ bœ œ #œ G œ nœ œ œ œ #œ nœ bœ œ nœ ˙ Concert B-flat, E-flat, & F Blues Scales Kenneth P. Miller 2005 (Concert Bb Blues) (Concert Eb Blues) (Concert F Blues… Wherever possible, complex note names from the major scale are simplified to arrive at the final blues scale notes. F sharp Blues (Concert G flat) 6. We are going to begin in the key of C. In C, the 1 chord use the notes c, e, g. The 4 chord uses f, a, c. For example, in the Gb blues scale, the 4th note of the major scale Cb is simplified to be note B. この記事の目次 1 Key=Fのジャズブルースコード進行 1.1 Fマイナーペンタトニックスケール+ 5を使った響き 2 コードトーンを使った練習 2.1 各コードのルートから弾く 2.2 各コードスムーズにつなげる 2.3 コードトーンを使ったアドリブ 3 各コードで使えるスケール Concert E flat Blues 3. Another way to identify the blue note is to take the 5th note of the natural minor scale from 2 steps above, (which is the same as note 4 as the minor pentatonic scale), and flatten it. To flatten a note, just replace it with the piano key lower in pitch ie. The above example should be played many times until it is memorized. A simple approach to practicing scales. 「マイナーペンタトニックスケールだけでしかアドリブできない」「各コード使えるスケールは分かってるけどジャズらしくならない」そんな悩みをもっていませんか。, これを解決できるのが、コード進行を意識するためのコードトーンと、ジャズらしい響きのするリックです。, もちろんジャズブルースはマイナーペンタトニックスケールだけでも演奏できますが、この2つを取り入れることでジャズらしく洗練されてアドリブができるようになります。, ここではコードトーンの基礎練習からリックを自然に使う方法までを紹介していきます。ぜひご自身の演奏に取り入れてジャズらしいアドリブを体感してみてください。, Fマイナーペンタトニックスケールの構成音 ブルースの雰囲気を演出する♭5の音も加えてどんな響きになるか弾いてみましょう。, ジャズらしくしていくにはコード進行を意識することが必要です。そのために各コードの構成音(コードトーン)を覚えていきましょう。, 指板上全てを一度に覚えようとすると大変なので、ここでは5thポジション(5フレットに人差し指を置いたときに弾ける範囲)で練習していきます。, コードトーンをルートから弾く練習は、各コードに対するコードトーンの響きを覚えるのに役立ちます。, 一番近い次のコードのコードトーンへつなげていく練習です。この練習は指板上の音の配置とコード進行の流れを覚えるのに役立ちます。, 指板上のコードトーンの配置を覚えたら、リズムに変化をつけてアドリブしてみましょう。ジャズらしくするコツはアンティシペーションを使うことです。, 5thポジションになれてきたら他のポジションでも同様に練習して、指板上どこでもアドリブできるようにしてみてください。, コードトーンで基本の響きを覚えたら、スケールを取り入れて音数を増やしていきます。各コードで使えるスケールはいくつか選択肢がありますが、ここではジャズでよく使われるスケールにしぼって紹介します。, 使えるスケールが分かったらそのスケールを使ったリック(ジャズらしい響きのする短いフレーズ)を弾いて、スケールの使い方を覚えていきましょう。, リックは何度も弾いて自分のものにしていくので、かっこいいと思ったものだけを覚えてみてください。そしてかっこいいと思ったリックはどうしてかっこよく感じたのかを分析しておくことが大切です。, リックの分析方法はアドリブを学ぶ上で知っておきたいリックの分析と作り方で紹介しているので参考にしてください。, F7のルートへは♭9thからアプローチ(1小節目)。そこへ3度をペダルとして加えています(2小節目)。3小節目のように♭7度をペダルにすることもできます。, 上下からはさみこむ、クロマチックを使ったチェンジングトーン。このアプローチはジャズで多用されます。, Bb7で使えるリック Bbリディアン♭7スケールを使ったリック。2小節目の2弦6フレットにクロマチックを含むチェンジングトーンでアプローチしています。, Bdim7-F7で使えるリック Bdim7のコードトーンに3弦9フレット(11th)を加えたリック。F7へアンティシペーションさせています。, Am7 D7-Gm7で使えるリック1 Dオルタードを使ったリック。1拍目は2弦6フレットへのチェンジングトーンです。, Am7 D7-Gm7で使えるリック2 Dホールトーンスケールを主体にしたリック。1弦6〜8フレットは4フレットへのエスケープトーン+クロマチックです。, Gm7-C7-F7で使えるリック1 半音下からのアプローチノートを使ったリック。II-V-IリックはIIのフレージングを変えてアレンジすることもできます。, Gm7-C7-F7で使えるリック2 Gm7の半音上Abm7=Abドリアンスケールを使ったアウトリック(詳しくはペンタトニックスケールを使ったm7コード上でのアウト方法で紹介しています)。C7ではクロマチックを含んだチェンジングトーンでアプローチしています。, C7-F7で使えるリック2 Cドミナントディミニッシュに含まれるG♭トライアドを使ったリック。C7に対してG♭トライアド(G♭-B♭-D♭)は#11th、♭7th、♭9thの響きを演出します。, リックは手軽にジャズを体感できる便利なものですが、使いすぎるとリックをただつなげているだけの演奏になってしまいます。そこで重要なのがリックの前後に何を弾くかです。ここではCm7-F7-Bb7のリックを例に練習法を紹介していきます。, リズム練習もかねて、コード進行に合わせてリックを弾く練習をします。前後は休符です。 コード進行に合わせて弾けるようになったら前後をアドリブしてみましょう。といってもいきなりは大変なので、まずは歌ってみてください。, 鼻歌で歌ったものを録音して聴き返し、その中で自然に感じたものをギターで弾けるようにしていきます。この練習は手グセから抜け出すことにも役立ちます。, また、リックが鼻歌で歌えるようになっていれば、そのリックがしっかりと自分のものになっているという証にもなります。, リックの前はFミクソリディアンスケールの上昇、後はBbミクソリディアンとBdim7のコードトーンです。, リックの前後を自然に弾く方法は無限にあります。自分にとってどんな音使いが自然に感じるのかを覚えておくことが大切です。, マイナーペンタトニックスケール+♭5、コードトーン、リックを使った練習に慣れてきたら全てを組み合わせてアドリブしてみましょう。 参考動画は紹介したリックを全て使っているので、どのようにアドリブに取り入れているかも意識しながら聴いてみてください。, アドリブがとても素敵です。 また、大きな音符でスコアを掲載いただき、ピアノ初心者には 一番有難いサイトです。, やっとコードを抑えられる程度になりましたので、 アドリブはこれからです。 どうやって練習していったら良いか、道筋が見えました。 最初のステップを飛び越えないようにすることが大事な事が分かりました。, リックのフレーズ集のところで、楽譜の音符を追うと、リックによって、コード構成にない音がたくさん混じってきてたり、 スケールを外したりするのがいきなり出てきて、格好いいのですが、 大変難しいです。ここら辺を、1~2個に絞って解説いただくと有難いです。, リックの分析と作り方のページも参考にしていただけると幸いです。 アドリブを学ぶ上で知っておきたいリックの分析と作り方, すばらしい演奏で参考になります! 自分は耳が育ってないのか、トライアドを使うのがせいぜいでテンションやオルタードテンションの響きを意識的に使えない感じで、全然歌えていない状況です。するとやはり音使いがワンパターンな感じになります。リズムも大事ですが、、 ドミナントで使えるスケールは沢山ありますが、それぞれの響きはやはりフレーズで覚えるのが1番良いのでしょうか?, 参考にしていただけて光栄です。 フレーズで覚えるのが1番効率的で簡単だと思います。 ただし、テンションやオルタードの入ったフレーズを無理やり覚えようとしても身につかないので、「かっこいい!絶対に弾きたい!」と思ったフレーズだけに限定して覚えてみてください。, ジャズ初心者です!ブルーモンクを練習しています。とても分かりやすく勉強になります!デモのソロやバッキングもセンス抜群でそのままコピーして使わせてもらっています!!ありがとうございます!!!. This step assigns note names to the major scale note positions identified in the previous step. Concert A flat Blues 4. All the examples in this lesson are on an F7 chord. To understand why this scale has these sharp and flat note names, have a look at the F minor pentatonic scale. & #w bw A# 1 Bb 1 w B 2 w C Open #w bw 123 C# 123 Db Bb Tpt. If you could send me a link to where I could get them for free that would be cool thanks. Related to minor keys are blues scales. Concert B flat Blues 2. To construct the blues scale from the minor pentatonic scale in the previous step, take the 4th note of that scale(note C), flatten it, and insert it before the 4th note position of the same scale. For that we need an overview of the essential scales and arpeggios. The numbered notes are those that might be used when building this note scale. Concert A Blues 9. $0+ Add to cart Roy Hargrove Major ii V I Lick #1. You’ll want to practice starting on different chord tones. To count up a Whole tone, count up by two physical piano keys, either white or black. The next 3 steps (including this one), show how the natural minor scale is used as a basis for the minor pentatonic scale, which in turn is used to construct the blues scale in this key. Simply go up and down the scale one or two octaves. So for this major scale, the 5th note of the major scale is flattened from C to B to make the blue note. I also kept the material in the position around the 6th fret. Concert D flat Blues 5. This note B is the blue note that gives the blues scale its distinctive sound in this key. C Blues (Concert B flat) 2. Hey I really need all of the trumpet blues scales for improve in jazz band. Having identified the piano keys that make up this major scale, this step shows the note names of those keys. $5+ Add to cart Transcription Bundle: Tom Harrell on "UMMG" $6.99+ Add to cart Tom Harrell " Upper Manhattan Medical Group" Solo transcription. This step shows the F blues scale on the piano, treble clef and bass clef. To understand why this scale has these sharp and flat note names, have a look at the F natural minor scale. & w 13 D #w bw 23 D# 23 Eb w 12 E w 1 F … Middle C (midi note 60) is shown with an orange line under the 2nd note on the piano diagram. CD. Concert D Blues 10. These note names are shown below on the treble clef followed by the bass clef. A blues scale is a pentatonic, or five-note (as opposed to seven-note) scale in which the fifth note is flat. Concert C Blues 12. Trumpet in Bb Jazz Ensemble Blues Scales 1 C Blues Concert B flat 2 F Blues Concert E flat 3 Trumpet in Bb Jazz Ensemble Blues Scales 1 C Blues Concert B flat 2 F Blues Concert E flat 3 B flat Blues Concert A flat 4 E flat Blues Concert D flat 5 A flat Adolphus “Doc” … The 2nd construction, using the minor pentatonic scale, starts at Lesson 6. To be able to mix Jazz and Blues we of course need to have the material to play both Jazz and Blues in this position. Concert E Blues 8. Play the example many times with Track 6 'Rock Blues' from the Play the Blues!